• MA 加熱気化水銀測定装置
  • MA-3000
  • MA-3 Solo
  • PE 全自動石油中水銀測定装置
  • RA 還元気化水銀測定装置
  • WA 気中水銀測定装置
  • EMP 携帯型水銀連続測定装置
  • 連続測定装置

プロが教える水銀測定装置選び
製品を探す

加熱気化水銀測定装置

MA-3 Solo

コストパフォーマンスに優れた、小型・軽量の加熱気化水銀測定装置のエントリーモデル

お問い合わせ

MA-3 SoloNEW

優れたコストパフォーマンスと高性能を両立

「測定頻度は高くない。でも煩わしい湿式前処理の不要な加熱気化測定を、より簡易にかつ手頃な価格で実現できないか」とのお客様の声により誕生した、加熱気化水銀測定装置のエントリーモデルです。

廃棄物, 土壌, 石炭, 食品などの試料を、酸やアルカリなどによる湿式前処理を行わず、加熱気化にて直接測定します。

上位モデルからオートサンプルチェンジャーやオプション機能を取り除き、マニュアル測定による優れたコストパフォーマンスと、各種法令に対しても充分な性能を両立しています。

また卓上型モデルとして、画期的な軽量、小型化を実現しており、簡単に持ち運び出来、限られたスペースでの設置も可能となりました。

試料は予め設定された条件にて加熱分解され、水銀を原子化し、特殊な水銀捕集管に金アマルガムとして水銀のみを濃縮します。測定に不要な妨害成分は、試料加熱管などの除去機構によりほぼ完全に除去されます。その後、水銀捕集管を再加熱し、気化した水銀を原子吸光法で測定します。

MA-3 Solo

重油・スラッジ測定にも対応

石油製品の製品管理のために、石油中水銀測定装置 PE-1000と平行して導入、運用いただくことで、重油やスラッジなどより広範囲の石油系試料をカバーでき、大幅な運用効率のアップに寄与します。

MA-3 Solo

シンプル操作で高度な分析知識は不要

分析操作は極めてシンプルで、高度な分析知識は不要です。
固体または液体の試料をセラミックス製ボートに秤量し、本体へセット後、加熱分解条件を選択して頂くだけです。

加熱気化測定において最も重要な加熱分解条件は、弊社の豊富なアプリケーション測定の経験に基づき、主要試料名毎に登録されています。

MA-3 Solo

仕様

加熱気化水銀測定装置
MA-3 Solo
測定対象固体試料、液体試料、気体試料 ※1 ※2
分析方法加熱気化-金アマルガム捕集冷原子吸光法
測定原理非分散ダブルビーム冷原子吸光法
光源低圧水銀放電管
検出器半導体検出器 (254nmバンドパスフィルター付)
検出限界、精度検出限界0.01ng 精度RSD 3% (0.1ng以上)※3
測定範囲0~10,000ng
測定時間30sec~300sec
測定時流量0.2L/min
排ガス処理水銀除去用活性炭フィルター
試料加熱温度~850℃
加熱制御3STEP設定 (温度時間任意設定可能)
加熱時間3min.~30min.
キャリアガス浄化空気
試料容器 専用セラミックボート (容量1.5mL)
寸法・重量 幅403 × 高さ300 × 奥行き252 (mm)、13kg
電源AC100-240V、50/60Hz、1.1KVA
使用環境温度15~35℃、湿度10~80%RH (かつ結露がないこと)
標準付属品試料ボート (大) 10個、ボート台、ボートトング、Lシステイン
制御・データ処理システム
MA3Solo_Win
OSWindows10 Pro
通信USB
表示
(日本語/英語)
ピーク波形、検量線グラフ、測定経過、測定結果、装置状態
データ処理検量線 (1次式×3種、3次式×3種)、単位設定、濃度計算、ベースライン補正、統計計算 (平均値、標準偏差、CV%)
精度管理装置チェック、検量線判定、ブランクチェック、回収率計算
印刷メモ、検量線式・グラフ、測定値表、統計計算、ピーク波形、測定日時、装置チェック結果
パソコンノートパソコン
プリンターインクジェットプリンター

※1:一部測定が困難な試料もあります。
※2:気体試料の測定にはオプションの捕集管測定キットが必要です。
※3:低濃度測定には一定の条件が必要です。

用途

土壌, 汚泥, 肥料, 飼料, 食品, 電気・電子機器材料, 生体組織, 医薬品, 鉱石, 石炭, 廃油, 樹脂, 廃液, 原油, 重油, スラッジ 他

オプション

捕集管測定キット

捕集管測定キット (水銀捕集管(65mm)+測定用ホルダー5個セット)

捕集管測定キット


Page Top