• MA 加熱気化水銀測定装置
  • PE 全自動石油中水銀測定装置
  • RA 還元気化水銀測定装置
  • WA 気中水銀測定装置
  • EMP 携帯型水銀測定装置
  • EMP-3
  • 連続測定装置

プロが教える水銀測定装置選び
製品を探す

携帯型水銀測定装置

EMP-3

タッチパネル式の操作, コンパクト, 軽量で信頼性の高い携帯型水銀測定装置

お問い合わせ

EMP-3

携帯性に優れているので測定現場で簡易迅速に測定可能

携帯性を高めた原子吸光分析計が搭載された本体は、あらゆる現場への持ち運びを容易にし、作業環境中のガス状金属水銀をオンサイトで簡易迅速に測定します。

豊富なアプリケーションが常識を変える新しい水銀測定を提案します。

EMP-3

※色は青, 緑, オレンジの3色から選択いただけます

進化した コンパクト, 軽量, 高感度

試料ガスを吸収セルに直接取り込み、253.7nmの吸光度から原子吸光法により水銀濃度を測定します。重量、サイズともに旧モデルに比べ更なる小型, 軽量化を実現しました。

測定範囲は0~2,000μg/m3と広く、応答時間もわずか1秒です。測定データはSDカードにCSV形式で 保存され、データ解析も容易に行えます。
操作は4.3インチの大型タッチパネル式カラー液晶でおこないます。

EMP-3のタッチパネル式カラー液晶

GPSを搭載し、様々な測定シーンに対応

GPS機能を搭載することで、野外において測定地点記録の必要がありません。
また、防滴構造の採用や、従来機と比べ2倍となった測定範囲など、様々な測定シーンでより安心してお使い頂けるようになりました。

妨害成分の干渉をバックグラウンドとして補正する新機能を搭載しました。

プラス干渉を示す炭化水素ガスなどの共存が疑わしい現場でも、瞬時に水銀が検出されているか否かを見極め、水銀のみのデータとして測定できます。

オプションの接続により、測定現場 (オンサイト) で20,000μg/Nm3までの高濃度測定や、水試料中の水銀などの測定に適用できます。高額な分析機器を必要とせず、1台で多様な測定を行えます。

EMP-3を使ってのオンサイト測定

仕様

測定対象 作業環境、石油ガス、液体試料 (※1) ※1 AQUA kit使用時 (オプション品)
測定原理非分散ダブルビーム冷原子吸光法
光源低圧水銀放電管
検出器半導体検出器 (254nm バンドパスフィルター付)
検出限界0.1μg/Nm3 (Normal)
測定範囲0~2,000μg/Nm3、0~20,000μg/Nm3 (※2) ※2 Hi-Lutor使用時 (オプション品)
測定時流量~1L/min
精度RSD 3% (2μg/Nm3以上) オプション未接続時
90%応答時間5秒以内
ゼロ補正自動ゼロ補正
最小表示STATICモード (静置モード) 0.1μg/Nm3表示 (~999.9)
MOBILEモード (携帯モード) 1μg/Nm3表示
表示 4.3インチカラー液晶 (480 × 272ピクセル、1677万色)
操作タッチパネル
画面表示瞬時値、平均値、最大値、トレンドグラフ (タイムスケール任意)、レベルゲージ (警報設定値連動)
データ記録CSVファイル、内部メモリー保存 (2万時間程度)
データ出力USBメモリー
警報方式警報アラーム、画面点滅、(警報値設定 任意変更可能)
その他機能温度補正、圧力補正、GPS位置情報記録
電源専用ニッケル水素電池 (5.5時間連続運転 25℃時)
使用環境温度 0~45℃, 湿度10~80%RH (かつ結露がないこと)
寸法・重量幅207 × 高さ140 × 奥行き115 (mm), 1.6kg (バッテリー含む)
標準付属品プローブ、プローブフィルター (1個)、専用バッテリー1個、バッテリー充電器、肩・腰ベルト、USBメモリー

用途

  • 蛍光ランプの製造、廃棄およびリサイクル
  • 水銀漏れに対する緊急対応
  • 水銀汚染源の調査
  • 職場と作業者の安全および衛生に関する調査
  • 施設内作業所のモニタリング
  • 有害廃棄物の検査とスクリーニング
  • 天然ガス中の水銀のスクリーニングと測定 ※1
  • 水に含まれる水銀の測定現場 (オンサイト) 分析 ※2

※1:テドラー®バッグを使用してください
※2:AQUA kitと組み合わせて使用してください

オプション

AQUA kit (還元気化水銀測定オプション)

環境水や水道水などの簡易測定用還元気化ユニットセット。
従来、現場での簡易測定方法としては、水銀検知管しかありませんでしたが、AQUA kitを用いることで、より公定法に近い方法で簡単に測定が可能となりました。

AQUA kit

液体試料を試料容器に採取し、(1+1) 硫酸および10%塩化スズ (Ⅱ) 溶液を添加して試料中の水銀を還元気化させることで、2価水銀を簡易測定できます。
アルカリ還元をおこなえば総水銀の測定も可能です。

本体はバッテリー駆動のため、電源がない現場でも測定が可能です。(但し、有機物などの妨害成分が含まれる試料の場合、湿式前処理を行わないと正確な測定結果が得られない可能性があります)

Hi-Lutor (高濃度水銀測定オプション)

本オプションの取り付けにより、より高濃度の水銀測定が可能です。

測定範囲は0~20,000μg/Nm3と広く、作業環境雰囲気中のガス状金属水銀や、液化天然ガスおよび液化石油ガス中のガス状金属水銀の測定などに適しています。

高濃度水銀測定オプション(Hi-Lutor)


Page Top