お知らせ

« 前のお知らせ

トップページに戻る

お知らせ一覧を表示

次のお知らせ »

2017. 10. 25
製品ソフトウェアが強制シャットダウンされる不具合について

製品ソフトウェアが強制シャットダウンされる不具合について

Adobe Flash Playerに関するセキリティアップデート (2017/10/16公開) の適用により、弊社製品ソフトウェアが強制シャットダウンされる不具合が判明いたしました。

Adobe Flashのフォーラムでも同様の現象が報告されており、セキリティアップデートの不具合の可能性もございます。

調査および対策を急いでおりますが、取り急ぎ下記の情報をご確認の上、暫定対応を採って頂くようお願いいたします。

大変ご迷惑お掛けいたしますが、何卒宜しくお願いいたします。

 

【対象製品】

 

【暫定対策】

本対策は、Adobe Flash Playerの脆弱性を回避する更新の適用を行わないようにするための施策となります。
それに伴うセキリィティ上のリスクがございますので、予めご了承頂きますようお願いいたします。

PCの更新の防止のため、ネットワークに接続しないでください。(LANを接続し続けると更新がインストールされる可能性があります。Windows Updateの設定変更で更新を回避することができます)

該当する更新を適用しないでください。

2017年10月16日以降に強制シャットダウンが発生するようになった場合は、当報告に該当する可能性がございます。
お手数ですが以下の対応をお願いいたします。

解決しない場合や分かり辛い点がございましたら、弊社サービスへご相談ください。

 

【情報】

▼Adobe Flash Playerのセキュリティ情報
https://helpx.adobe.com/jp/security/products/flash-player/apsb17-32.html

▼Adobe Flash Playerを以前のバージョンに変更する方法
https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/cpsid_93729.html

▼Windows修正プログラムをアンインストールする方法
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0602/25/news015.html

以上