「専門知識なしで使用したい。煩わしい湿式前処理から解放されたい」とのお客様の声により誕生した加熱気化水銀測定装置の最上級モデル。
廃棄物、土壌、石炭、食品などの試料を酸やアルカリなどによる湿式前処理をせず、簡易迅速に直接測定します。通常の湿式前処理-水銀測定に比べ、最大86%の時間削減につながります。


 MA_3000-hontai.jpg試料は予め設定された条件にて加熱分解され、水銀を原子化し、
 特殊な水銀捕集管に金アマルガムとして水銀のみを濃縮します。
 測定に不要な妨害成分は、試料加熱管などの除去機構で完全に
 取り除きます。
 その後、水銀捕集管を再加熱し、気化した水銀を原子吸光法で
 測定します。


新開発技術の採用により、旧モデルに比べ飛躍的な進化を遂げました。

▶ ハロゲンなど妨害成分による影響を低減
▶ 燃焼経路内の緻密な温度制御により次測定への履歴を低減
▶ 新しい光学系の採用により低濃度から高濃度(~70,000ng)までの濃度に適応
▶ 添加剤などの試薬を使わず測定
▶ 100試料オートサンプラーを標準搭載

  

作業工程は、極めてシンプルで、高度な分析知識は不要です。固体または液体の試料をセラミックス製ボートに秤量し、本体へセット後、加熱分解条件を選択するだけです。
加熱気化測定において、最も重要な加熱分解条件は、弊社の豊富なアプリケーションに基づき、試料名毎に登録されています。

 MA-3000-1.jpg             MA-3000-2.jpg
               
オプションも豊富に取り揃えております。国内の試験方法に採用されている「還元気化-原子吸光測定」、
環境省が定める大気中の水銀の測定方法に準拠した「金アマルガム捕集加熱気化冷原子吸光測定」など、1台で多様な用途に対応できます。

MA-3000_J_OP01.jpg
MA-3000_J_OP05.jpg  MA-3000_J_OP02.jpg
MA-3000_J-01-siyou.jpg
  
  MA-3000_J_youto.jpg